記事一覧

カラスの足跡 特別篇 ~ 開成あじさい祭り(前編) ~

ご注意!!この記事は、おっさんが、多少の目的を持って散歩しているだけ記事です。それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^いやね。無理だとは思っていたんですよ。埼玉県草加市で、よさこいの交流会が開かれるのは、午後6時。それまで時間あるから、どこぞでイベントの撮影しようとは思っていましたけど。何も、神奈川県の開成町までこんでも良いではないかと。片道2時間で自宅から開成町。そこから2時間かけて草...

続きを読む

カラスの足跡 特別篇 ~岡本太郎記念館(下)~

ご注意!!この記事は、おっさんが、ただ散歩している記事です。それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^岡本太郎氏、そして養女の敏子さんですね。敏子さんは養女とあるんですが、事実上の妻だったそうです。岡本太郎氏は、理由は定かではないものの、結婚を望まなかったそうです。※一説によると、自分の遺産の全てを継がせるためとも。しかし、まあ…。不思議ワールド全開過ぎる^^;こちらが、岡本太郎氏のアトリエ...

続きを読む

カラスの足跡 特別篇 ~岡本太郎記念館(中)~

ご注意!!この記事は、おっさんが、ただ散歩している記事です。それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^「いつか」なんて絶対ない。いつかあるものなら今、絶対あるんだ。今ないものは将来にも絶対にない。                    ー岡本太郎太陽の塔の内部の、続きであります~。芸術は爆発ですが、この爆発はかなり緻密な計算が働いている爆発である様子。太陽の塔の裏側とでも申しましょうか。こ...

続きを読む

カラスの足跡 特別篇 ~ 岡本太郎記念館(上)~

ご注意!!この記事は、おっさんが、ただ散歩している記事です。それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^芸術は、爆発なんです。表参道のハイソサエティーな街並みに~。明らかに不釣り合いな、この家。都会に現れた密林。どうも特殊な感性をお持ちの方のお屋敷らしい。あ、納得。岡本太郎さん。ご存じの通り、1970年大阪万博の際、太陽の塔を作成した芸術家さんです。芸術家としての面に加えて、既成概念に反発するよ...

続きを読む

カラスの足跡 特別篇 ~目黒寄生虫館(下)~

ご注意!!この記事は、おっさんが、ただ散歩している記事です。それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^なお、題名を見てもわかるとおり、本日の記事も、お食事中またはその前後に見ないことをお勧めいたします。ある日・・・。40代の男性が、お通じの際に、白い紐状のものが出てきた。原因は、3ヶ月前に食べたマスの刺身。自覚症状はまったくなかった。目黒寄生虫館の初代館長亀谷了が男性に駆虫薬を飲ませたところ、ほ...

続きを読む

プロフィール

八咫烏(全力稼働中)

Author:八咫烏(全力稼働中)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店