FC2ブログ

記事一覧

(本日の記事)カメラマンて…。

001_20190512024256f60.jpg
5DmarkⅣ+CanonEF70-200mmF2.8L ISⅡUSM +EF300mmF2.8L IS USM & 5DmarkⅢ+EF24-70mm F2.8L II USM








※掲載されている写真に何か問題などありましたら、拍手ボタンからその旨お書きください。即刻写真を撤去いたします。

※当ブログのカメラマンは、撮影時に周りのお客様およびカメラマン、踊り子様、会場運営様にご迷惑をおかけしないことを前提として撮影を行います。

※当ブログの写真は、被写体であられるチームの皆さまは当然ですが自由にお使いになっていただいて構いません。










昨日は、受賞に関するお祝いのお言葉、ありがとうございました。





この場をお借りして、深く御礼申し上げます<(_ _)>




よさこいや阿波踊り、ダンスなど、こんなすごいチームさんがいるんですよ!みたいに、今後も写真を撮ることで応援していきたいと思っています。









5月11日と12日は、東京舞祭~春~です。




2016年から数えて、今年3年目の観覧。




「春風華憐」さんを、初めて見た会場でもあります。





まだ3年しか経っていないのに、随分と色々変わりました。





002_20190512024258c4f.jpg








相変わらず、踊り子さんたちが様々なジャンルから集まってきて色々なダンスを楽しめます。






004_2019051202430066f.jpg



008_2019051202430658c.jpg



009_2019051202430808f.jpg



012_20190512024312503.jpg



011_20190512024311129.jpg





一方で、あまり良くない流れも。





以下はipadの写真なので、ちょっと画質が微妙なのですが。




59984460_633219777145550_7803733943634624512_o_20190512024314dff.jpg






ちなみに、この写真には写っていませんが、舞台前に観客のベンチがズラリと並びます。距離が遠いので、300㎜ぐらいの望遠レンズが必要です。




また、関係者さんたちは立って撮影するので、それを乗り越えて撮る脚立も必須です。




朝早くから行って、身分証を提出して、この狭い後ろのスペースに押し込まれて、装備によっては全然撮れない可能性があります。




こんなの3年前までは、まずなかったのですが。





もっとも、文句を言う筋合いはないんですけどね(-_-;)






運営が決めたことに納得できなければ、帰ればよいだけの話なので。





そもそも、一般カメラマンなんてこんな扱いです。





私の知り合いのカメラマンさんは、自分たちカメラマンを「俺らみたいなもん」と形容しますが、実に良い形容だと思っています。




ただ、できれば前もって『こういう形でしか撮れませんよ』ってどこかに書いておくべきだと思う。





撮影許可証が必要な件も、会場のどこにも注意書きがないので、通りすがりの人がどんどん撮っちゃう。





それをボランティアスタッフさんが一生懸命注意している。





facebookで知り合いの、イベント会場のボランティア歴13年の強者な人なんですが、さすがにその人の使い方を間違っているのではないかと。




結局、舞祭主催者のT氏や他の専属カメラマンさん、知り合いの関係者さんたちが動いてくれて、脚立に立って後方から撮影可になったのですが、正直、様々な面において残念でした。





まあ、もう一度言いますけど。



文句を言えるような立場ではないです。






けれども、色々な来場者が来ることを想定して、それに対応する能力もイベントの格をはかるうえで重要なのではないかと。






踊り子さんがとても良い面、大変に残念です。





そうそう。






踊り子さんは、相変わらずとっても良いのですよ。





006_20190512024303ee9.jpg



007_20190512024305403.jpg



010_20190512024309536.jpg



005_20190512024302763.jpg






この日の春風さんは、年少の踊り子さんたちがいなかったため、年齢が高めのメンバーさんがリラックスして楽しんでいたように思えます。








003_20190512024259d0e.jpg






どこまで舞祭を撮るかは謎ですが、なるべく楽しく撮り続けたいイベントではありますね。






色々言いましたが、とても素晴らしい祭りであることに変わりはありません。





今後の運営さんに期待したいところであります。






ってことで、スタッフさんたちの恩恵で、脚立と長いレンズがあれば撮れることがわかったので、12日も行ってきます。





やはり日曜日のほうがチームも多くて、本祭って感じです。






日曜日、東京舞祭で楽しませてもらってきます。





では、また明日~ノシ





この記事がお気に入りになられたらポチッとお願いします。

イベント写真ランキング

プロフィール

八咫烏(虎視眈々)

Author:八咫烏(虎視眈々)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店