記事一覧

2016年堀切かつしか菖蒲まつり 阿波踊り①~ちょっと怖い話付き(続き)~

20160615006.jpg
5DmarkⅢ+CANON EF70-200mmF2.8L ISⅡUSM







yatagarasu3.jpg こんにちは、雨模様の空でテンションだださがりの八咫烏です。




うーん…。



なぜか、こう、観音様とか大仏様を撮りに行こうって日は、雨模様ですね。



前も言ったことがありますが、天気の良くない日に巨大大仏様は避けたいところ。




今日は、牛久の大仏パスかなー…と仕方なく空を眺めます。




まあ、流し踊りとちがって、大仏様がどっか行ってしまうこともないでしょう。




今度行けそうなのは、6月26日の日曜日くらいですかねー…。




しかも、ちょっぴり疲れ気味。



ここで無理して、夏がダメになるのは避けたいですね。




さて、堀切かつしか菖蒲まつりの阿波踊り。



とにかく、枚数があまりないので、連の境をまたいでうpしていこうと思っています。



毎回、10枚ぐらいずつ。総踊りまで参りましょう。


もちろん、おまけがついています。



では、参りましょう^^




※当ブログの写真の肖像権は被写体様にあります。もし掲載されている写真に何か問題などありましたらコメント欄にその旨お書きください。即刻写真を撤去いたします。

※なお当ブログのカメラマンは、撮影時に周りのお客様およびカメラマン、踊り子様、会場運営様にご迷惑をおかけしないことを前提として撮影を行います。

※なお、当ブログの写真は、被写体であられるチームの皆さまは、当然ですが自由にお使いになっていただいて構いません。写真の権利はその写真に写っている被写体様にあります。




堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg



堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg

堀切かつしか菖蒲まつり.jpg


こんな感じで、何枚かずつ阿波踊りをうpしていこうかと思っています。



よさこい、舞祭に押されて、ちょっと阿波踊りはサブに回りそうな予感です^^;








オマケ





さて、エプソンアクアパーク品川の写真。追記(ごめんなさい。サンニッパ買ってません。書き忘れ、過去画です^^;)




今回はクラゲです(レンズに注目)。


20160615011.jpg
EF 300mm F2.8L ISⅡUSM


新型サンニッパでクラゲなんて撮っているじゃない、と言われそうですが^^;








さて、前回の続きです。



相変わらず、母は無視を決め込んでいます。


背後では、



ぎぃ…。



ぎぃ…。



と音が鳴っています。



状況から察するに、その女の人は首を吊って揺れているんでしょうね。




さすがの母も、まだ子供でしたから、我慢にも限度があります。



少し体を倒せば鏡を利用して、「その人」を見ることができるはずです。




よくホラー映画とかで、主人公が明らかにヤバそうなところへ入って行きますよね?




「なんで、そんな馬鹿な真似を」と思いますよね?




でも、違うんです。




人間て、幽霊が怖いんじゃないです。怪物が怖いんじゃないんです。



「よくわからないもの」が怖いんです。





未知に対する不安そのものが怖いんですよ。




「今痛い」よりも「これからすごく痛くなるかも」、ってのが怖いんです。





だから、とにかく早く確認して、楽になりたいんですよ。









で、母はついに体をずらすことに決めました。









少しずつ、体を傾けていったそうです。




少しずつ…。




鏡に女の人の姿が少しずつ映し出されていきます。




やはり、白い着物を着て左右に揺れています。



ぎぃ…。


ぎぃ…。





胸元まで来ました。



少しだけ顎が見えています。



「何か言っている?」



顎が動いているのがわかったそうです。



その女の人の顔が見える!















その瞬間、すぐ目の前に祖父母がいたため、母は心臓が口から出るほどビビったそうです。




いつの間にか帰ってきたのか、祖父母が母の目の前で心配げな顔をしていたそうです。




祖父母曰く、母はまた一人でぼんやり空中を見つめていたとのこと。




「本当にだいじょうぶかねぇ、この子」って心配されたらしいです。








なぁんだ、と思った皆さま。



実は、話はここから本番です。









その晩、母はもう夕方のことは終わったものとして、布団をひいてお休みの準備をしていました。



さすがにいろいろあったので、疲れたから寝ようと仰向けになりました。


そして、生涯忘れられない衝撃を受けたそうです。







天井。



正確にいうと、押入れの上。



天袋という、小さな押入れが付いていますよね。





そこから女の人が、顔だけ出して母を見おろしていたらしいです。






母は悲鳴をあげたくても、声が出ません。



怖い以前に、ひたすら衝撃だったらしいです。



顔が横に長いおばさんだったそうです。


彼女は真っ青な顔をして、目を大きく見開いています。


母には、「笑っている」ように見えたそうです。









「しゃべっている?」



その女の人は「笑顔で」何かをつぶやいているんです。




母は、唇の動きから、彼女が同じ言葉をつぶやいていたのがわかったそうです。











彼女が何て言っていたか、おわかりですか?















実はみなさん、






ここまで読んだら、もう彼女の声を聴いていらっしゃいます。















彼女は一定のリズムで、




「ぎぃ…ぎぃ…」



ってつぶやいていたんです。







さすがに私もそこで母に質問しました。






「何で?」








ずっとその理由を考えてきた母の推察によると、




「たぶん、首を吊ったのは、その人じゃなくて」





「首を吊った人眺めて、その揺れに合わせて動きながら、つぶやいている」






「しかも笑顔で」










その女の人に何があったかは、わかりません。



ドラマとかでないので、理由なんて調べられませんから。



昔、ここで何かあって、とか調べるには、母は幼すぎましたしね、



母が気が付いたのは、次の日の朝でした。



「夢だったんじゃないの?」


心霊を信じない八咫烏が、意地悪く、母に聞いてみると、さらりとこう返されました。



「一回だけなら夢だと思ったかもね」







母はその後、女の人を見たことはないそうです。

ただし、都合三回ほど聞いたそうです。



夜寝ているときにすぐそばで一回。



お風呂で髪を洗っているときに、背後の天井から一回。



後は正確におぼえていないそうですが、どこかでもう一回ぐらい(なにぶん、昔のことなので^^;)。






「ぎぃ…ぎぃ…」
って。







母はこうも言いました。



「ああいうのはそう簡単に成仏できないから」


「あの人、自分が死んだことも忘れて、目の前で揺れている誰かを見つめ続けているのね」






最後に意地悪く、母はこう言います。




「あんたも聞かなきゃいいけどね。すぐそばでぎぃ、ぎぃ、って」




マジでやめてくれないか、ママ。







母から聞いた子供のころの話は以上です。



まぁ、そんなに怖い話ではありません。


盛り上げるために、少し文章的に工夫はしてみましたが、ご安心ください。



100%ノンフィクションです。




こんな程度のレベルでしたら、いくつかお話しできますが。




写真ブログですから、もうやめましょう^^;


長文失礼いたしました<(_ _)>



この記事がお気に入りになられたらポチッとお願いします。(なお真ん中のはctrlと一緒にポチッとやると移動しません)
a_01.gif

コメント

阿波踊り

テレビで踊っているのは見たことありますが
、写真で見るのは、また違った感じが出ていいですね。
特に男性の表情と動きに先日からはまってしまってます。
楽しそうだなー、と。
クラゲはとても幻想的ですね。
・・お母さまの体験・・怖いです!!

こんにちは^^

阿波踊りの連もたくさんあるんですね☆
タイトル画が弁慶連さんかと思ったら違いました^^;
写真はさすがで楽しさが伝わってきますね。

実は、私もその昔、安アパートに住んでいたころ
隣の部屋から「ぎぃし、ぎぃし、ぎぃし」と
カップルがいちゃつく声とともに
聞こえてきたことがあります!!
あ、あれも…もしかして…ガクガクブルブル。

祝 328ご購入

こんにちは。
羽振りのええのが羨ましいです!
実践デビューを楽しみにしています(*^_^*)

Re: 阿波踊り

pipi(ぴぴ)さん

> テレビで踊っているのは見たことありますが
> 、写真で見るのは、また違った感じが出ていいですね。
> 特に男性の表情と動きに先日からはまってしまってます。
> 楽しそうだなー、と。
> クラゲはとても幻想的ですね。
> ・・お母さまの体験・・怖いです!!

いつもコメントありがとうございます^^
阿波踊りは、なぜかあまり枚数を撮りませんでした^^;
なんとなく、その日のノリもあるのかもしれません。
少しでも楽しさを感じていただけたら、うれしいです。
母の体験談は、まあ、やはりオマケです^^;
今後は予定なしです、はい^^;

Re: こんにちは^^

aiupaさん

> 阿波踊りの連もたくさんあるんですね☆
> タイトル画が弁慶連さんかと思ったら違いました^^;
> 写真はさすがで楽しさが伝わってきますね。
>
> 実は、私もその昔、安アパートに住んでいたころ
> 隣の部屋から「ぎぃし、ぎぃし、ぎぃし」と
> カップルがいちゃつく声とともに
> 聞こえてきたことがあります!!
> あ、あれも…もしかして…ガクガクブルブル。

いつもコメントありがとうございます^^
いや、むしろaiupaさんが撮った阿波踊りを私が見たいです^^;
どうにもこの日、枚数も少なくて、最近あまり写真を撮るとき気分がのらないらしく^^;

カップルがぎしぎしですか。けしからんことですね、壁を叩いてあげましょう(笑)

Re: 祝 328ご購入

スピードキングさん

> こんにちは。
> 羽振りのええのが羨ましいです!
> 実践デビューを楽しみにしています(*^_^*)

いつもコメントありがとうございます^^
ごめんなさい、昨日の記事には書いたんですが、今日は書き忘れ^^;
アクアシティは過去画です^^;
でもスピードキングさんのコメントでミスに気が付きました。
ありがとうございました<(_ _)>

こんにちは〜

阿波踊りいいですね〜
母方の実家が徳島なので、
子供の頃から夏休みはいつも阿波踊りを
見ていました〜
笠の合間から見える口元が子供心に
色っぽくて好きでした。

それにしても八咫烏さんの文書力には
参りました!
稲川淳二の夜話を聞いている様で、
ワクワクドキドキしながら読ませて戴きました。
心霊ものが大好きなので、
また機会があったら宜しくお願いします〜

凄いなあー、
最初のお写真吹っ飛びました。
しかも、大好きな阿波踊りなのに(笑)
ねーねー、この話、テレビ局に投稿しようよ。めっちゃリアリティあってすごいです。
せっかく教えてもらったんで、僕の方からも....
昔、関西に住んでたんだけど、オヤジが亡くなって母親と一緒に千葉に戻ったんよ。でも、食べていかなアカンしで、オヤジの会社の知り合いが、一生懸命やってくれて神楽坂の会社の保養所に住んだのね。
昔ながらの風情ある建物でさ、子供ながらに気持ち悪いと思うてたんやけど、めっちゃ幽霊屋敷だった。
霊感なんて、ほとんどゼロの僕がわかるぐらいでさ。
ある日、下の階で足音するんよ。ちょうど僕の部屋の真下辺りで、扉を閉める音まで聞いたんで、泥棒だと思って真下の部屋に行って確認したら誰もいない。
それだけじゃなくてさあ、古い家屋だから、人が歩くと、ギーギー音がするんやけど、その音はね、真昼間でもするんよー。
僕は一度だけしか金縛りは経験してないんやけど、窓から、旧日本兵みたいなカッコした人が、睨んでて怖かった。

っでね、僕らが越してからさ、
その寮も古くなってたから立て直ししたらしいんだけど、庭から人骨がザクザク出てきたんやと。

昔の神楽坂の置屋だったらしく、
その頃、働いてた芸妓さん達は、
当時の肺炎で沢山亡くなってて、
そのまま、庭に埋められてたらしいっす。
なーんかね、そんな話を思い出しました。

コワかったです!


爽やかな踊りでたのしんだ後の怖い体験。
いや~、怖かったv-12

「ぎぃ…ぎぃ…」
今日の夜はテレビつけっぱなしで寝ますね !
また、怖いお話も楽しみにしてます^^

クラゲの写真で癒されましたよ~♪

こんばんは~。

そうそう。
とっても華やかな阿波踊り。

あ~、でも、怖かった(@_@)
何だか夢に出てきそう!
「ぎぃ…ぎぃ…」 って(;^-^)

No title

こんばんは〜

阿波踊り素敵〜って思ってたら
その後のお話が怖すぎて
阿波踊りどこかへ飛んで行きましたぁ〜(((((((っ・ω・)っ ブーン

怖すぎますからぁ〜Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
やっぱりお風呂1人で入れないな…
サスケについて来てもらおーΣ(´∀`;)

No title

私も阿波踊り素敵だぁと思っていたのが、
お母様の話で阿波踊りがすっ飛んでしまいました~♪
怖すぎです。
今晩トイレ夫についていってもらいます!(笑)

No title

こんばんは。
写真はもちろん言うまでも無いですが、文才も立派ですよ^^。
見る者を惹きこませるホラー小説のようです。
しかし、本当に怖いのは生身の人間です。

Re: こんにちは〜

しろしろⅡさん

> 阿波踊りいいですね〜
> 母方の実家が徳島なので、
> 子供の頃から夏休みはいつも阿波踊りを
> 見ていました〜
> 笠の合間から見える口元が子供心に
> 色っぽくて好きでした。
>
> それにしても八咫烏さんの文書力には
> 参りました!
> 稲川淳二の夜話を聞いている様で、
> ワクワクドキドキしながら読ませて戴きました。
> 心霊ものが大好きなので、
> また機会があったら宜しくお願いします〜

いつもコメントありがとうございます^^
阿波踊りはもう20年以上見ているほど好きなんですよ。
昔は太鼓の音が強いチームが好きでしたが、最近はおもに踊りがうまいチームを見るようになってきました^^

怖い話に関しては、またなんとなく気が乗ったらということで^^;
写真ブログの余興だとお考えになっていただければと思います^^;
うーん、色々試行錯誤中です^^;

Re: タイトルなし

onorinbeckさん

> 凄いなあー、
> 最初のお写真吹っ飛びました。
> しかも、大好きな阿波踊りなのに(笑)
> ねーねー、この話、テレビ局に投稿しようよ。めっちゃリアリティあってすごいです。
> せっかく教えてもらったんで、僕の方からも....
> 昔、関西に住んでたんだけど、オヤジが亡くなって母親と一緒に千葉に戻ったんよ。でも、食べていかなアカンしで、オヤジの会社の知り合いが、一生懸命やってくれて神楽坂の会社の保養所に住んだのね。
> 昔ながらの風情ある建物でさ、子供ながらに気持ち悪いと思うてたんやけど、めっちゃ幽霊屋敷だった。
> 霊感なんて、ほとんどゼロの僕がわかるぐらいでさ。
> ある日、下の階で足音するんよ。ちょうど僕の部屋の真下辺りで、扉を閉める音まで聞いたんで、泥棒だと思って真下の部屋に行って確認したら誰もいない。
> それだけじゃなくてさあ、古い家屋だから、人が歩くと、ギーギー音がするんやけど、その音はね、真昼間でもするんよー。
> 僕は一度だけしか金縛りは経験してないんやけど、窓から、旧日本兵みたいなカッコした人が、睨んでて怖かった。
>
> っでね、僕らが越してからさ、
> その寮も古くなってたから立て直ししたらしいんだけど、庭から人骨がザクザク出てきたんやと。
>
> 昔の神楽坂の置屋だったらしく、
> その頃、働いてた芸妓さん達は、
> 当時の肺炎で沢山亡くなってて、
> そのまま、庭に埋められてたらしいっす。
> なーんかね、そんな話を思い出しました。

こんばんは、いつもコメントありがとうございます^^
いやいや、onorinbeckさんのお話のほうが怖いではないですか^^;
実は、母は私のブログの件を知らないのです。
多分、知ったら、色々言われるから内緒にしています^^;
テレビ局どころか、なるべく広まらないのを祈るのみでして^^;

まあ、また何かの機会があったら、ぜひ残りの話も聞いてやってくださいませ<(_ _)>

Re: コワかったです!

がちょー様

> 爽やかな踊りでたのしんだ後の怖い体験。
> いや~、怖かったv-12
>
> 「ぎぃ…ぎぃ…」
> 今日の夜はテレビつけっぱなしで寝ますね !
> また、怖いお話も楽しみにしてます^^
>
> クラゲの写真で癒されましたよ~♪

いつもコメント、誠にありがとうございます^^
怖い話に関しては、どちらかというとちょっぴり余興っぽくやってみました^^;
また、何かの機会がありましたら、聞いてやってくださいませ<(_ _)>

クラゲ、見ていて飽きないですよねー^^
触るのはちょっと、なんですが、見ているのは好きです^^
私も癒されます^^

Re: こんばんは~。

冷凍SANMAさん

> そうそう。
> とっても華やかな阿波踊り。
>
> あ~、でも、怖かった(@_@)
> 何だか夢に出てきそう!
> 「ぎぃ…ぎぃ…」 って(;^-^)

いつもコメントありがとうございます^^
あくまで写真ブログの余興でございまして、なんともお粗末さまでした<(_ _)>
ただ、子供のころから、母はそんなことばっかり言ったりやったりして、私はおびえさせてきたのです^^;
またもし機会があったら他の話もお話しますので、ぜひ聞いてやってくださいませ<(_ _)>

Re: No title

ようニャンさん

> こんばんは〜
>
> 阿波踊り素敵〜って思ってたら
> その後のお話が怖すぎて
> 阿波踊りどこかへ飛んで行きましたぁ〜(((((((っ・ω・)っ ブーン
>
> 怖すぎますからぁ〜Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
> やっぱりお風呂1人で入れないな…
> サスケについて来てもらおーΣ(´∀`;)

いつもコメントありがとうございます^^
サスケ君がいたら百人力ですね^^
彼のかわいさはいかなる魔にも勝てそうです。
写真ブログの他愛もないお話にお付き合いいただき、誠にありがとうございます<(_ _)>
また何かの機会がありましたら、他のお話もいたします。
お時間がありましたら、ぜひともご一読くださいませ<(_ _)>

Re: No title

aunt carrotさん

> 私も阿波踊り素敵だぁと思っていたのが、
> お母様の話で阿波踊りがすっ飛んでしまいました~♪
> 怖すぎです。
> 今晩トイレ夫についていってもらいます!(笑)

いつもコメントありがとうございます^^
写真ブログとは思えない展開をマンネリ打破のため入れてみました。
お付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>
いろいろと試行錯誤しております^^;
また機会があったら、他の話も聞いていただければと思います^^

Re: No title

東雲さん

> こんばんは。
> 写真はもちろん言うまでも無いですが、文才も立派ですよ^^。
> 見る者を惹きこませるホラー小説のようです。
> しかし、本当に怖いのは生身の人間です。

いつもコメントありがとうございます^^
お褒めの言葉ありがとうございます^^;
ただ個人的にあまり才を感じることがなく恥ずかしい限りです^^;

確かに、人間のほうがはるかに怖いですね^^
全く同感です^^

No title

こんばんは!
楽しそうな阿波踊りが伝わってきました〜
確か、『踊るアホぅに見るアホぅ。同じアホなら、踊らにゃソンソン』って
言うんじゃなかったでしたっけ?
夜中に見てるせいか、終わりの話は結構コワかったです(笑

Re: No title

しょもなさん

> こんばんは!
> 楽しそうな阿波踊りが伝わってきました〜
> 確か、『踊るアホぅに見るアホぅ。同じアホなら、踊らにゃソンソン』って
> 言うんじゃなかったでしたっけ?
> 夜中に見てるせいか、終わりの話は結構コワかったです(笑

いつもコメントありがとうございます^^
そうですそうです^^でももっぱら私は見るアホゥなんです^^;
最後のやつは余興でございます^^;少しでもお楽しみいただけたら幸いです^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八咫烏(全力稼働中)

Author:八咫烏(全力稼働中)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店