記事一覧

モンスター、ニコン D5見参

yatagarasu3.jpg

こんにちわ、お昼休みの八咫烏です。
仕事が忙しかったせいで、こんな重要なニュースを見落とすとは…!

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5」を発売
http://www.nikon.co.jp/news/2016/0106_d5_02.htm

2016年1月6日

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、プロフェッショナルの撮影領域を拡大する次世代フラッグシップモデル、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5」を発売します。
なお、「D5」は、2015年11月18日に開発発表を行っています。

発売時期 2016年3月予定

「D5」の主な特長

有効画素数が1,623万から2,082万に増加

 2,082万?!?!?(EOS-1DX 約1810万画素 愛機EOS 5D Mark III 約2230万画素)

さまざまな状況で狙った被写体を捉える新世代の153点AFシステム

 153点AF?!??!(EOS-1DXは61点 愛機EOS 5D Mark IIIも61点)


約12コマ/秒の高速連続撮影性能と、飛躍的に安定した「連続撮影時のファインダー像の見やすさ」

約12コマ/秒??!!(EOS-1DXは最高約14コマ/秒  愛機EOS 5D Mark IIIは最高約6コマ/秒)

また、新開発のミラー駆動機構を搭載し、像消失時間を大幅に短縮してファインダー像の連続性を確保するとともに像のブレを軽減しました。これまで捉え続けることが難しかった動きの変化が激しい被写体も、容易に追い続けることができます。


新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 5」により、ニコン史上最高の常用感度ISO 102400を実現。スポーツ撮影などで多用される高感度域ISO 3200~12800でも高い画質が得られます。なお、ISO 3280000相当(Hi 5)までの増感も可能です。

 ISO 3280000相当?!?!?!?!(EOS-1DXはISO204800(Hi2)相当 愛機EOS 5D Mark IIIは102400(Hi2)相当)


なんじゃあそりゃあ…。

特に注目したいのは、153点AFですか…、ほぼ画面全体をカバーできてしまうのでは…。

加えて、ここまでISOが高いとちょっとやそっとの暗闇での画質の低下はないということになりますね。

ただ、CANON派としては、より注意してみたいのは、やはりCANONの出方です。

CANONのカメラ開発部といえばあまり冒険しないタイプというのはよく聞く話です。カメラを作っている部署よりもレンズを作っている部署のほうが第一開発センターになっていて、そちらはどんどん冒険するタイプ。ゆえにレンズ性能では個人的にCANONを押したくて、結果CANON派になり、白レンズや大砲に憧れたわけですが…。

やはりここはEOS-1D X Mark IIを同時期に投入してくるのでしょうか。

EOS-1D X Mark IIは画素数が約2200万画素。画素数ではD5に勝てるはずですが、AFと高感度性能では果たしてどう出るのか。

画素数=高画質でないのは常識です。ですが、AF性能が高くて、連写もきき、高感度で高画素となるとこれは非の打ち所が無いです。CANONは後から出すならば、CANONユーザーが1DXから乗り換えてもよい(金額に見合う)と納得できる画素数、AFと高感度性能、あるいはプラスαを提供しなければいけないことになります。

同時に「ボディ交換式レンズカメラ」のCANONとして、レンズにも力を入れ続けていってもらいたいものです。

もっともレンズの進化というのは、これ以上どこまで望めるのでしょうか。既存のレンズもかなり限界に近いレベルにたどり着きつつあるような気がするのですが。

まあ正直、この流れに八咫烏は乗らないです。というか、乗れないです(笑)。
                          金ガナイシネ…。

愛機EOS 5D Mark IIIもモデルチェンジが噂されていますが、後2、3年は現役でいけるはずです。むしろ、今はカメラ本体よりもレンズを充実させる必要があると考えています。

まずはビデオエイペックスさんで、レンズをどんどんレンタルして、自分好みの単焦点レンズを見つけることですかね。サンニッパ(EF300mm F2.8L IS II USM)、まだ借りてないので、カメラ本体よりもそちらのほうが楽しみです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八咫烏(全力稼働中)

Author:八咫烏(全力稼働中)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店