記事一覧

カラスの足跡 特別編 ~小金井公園(江戸東京たてもの園)散歩(LAST)~

ご注意!!








この記事は、おっさんが何の目的もなく、ただ散歩している記事です。








それでも構わないようでしたら、ぜひご覧ください^^













前回までのあらすじ











江戸東京たてもの園.jpg
女湯。







以上。




















江戸東京たてもの園.jpg
ここが失われた秘境オンナユですか。









もう使われていないとはいえ・・・、なんだかドキドキしますな。









ん?










江戸東京たてもの園.jpg
安いなー・・・。いや、しかし昔の物価だとそうでもないのかな・・・。








ちなみに、昭和26年の物価は以下の通り。



アンパン 10円
映画入場料 80円
カレーライス 80円
銀行員の初任給 3000円
公務員初任給 5500円(上級職試験合格)
週刊誌 25円
かけそば 17円
米10キロ 445円
ビール1本 123円
理髪料金 60円









これだと、銀行員が200回銭湯使うと、初任給が飛びますけど・・・。









五歳だと6円、六歳だと12円。








幼稚園生<(超えられない壁)<小学生。








なんですかね、幼稚園から小学生にあがると、2倍垢が出るとでも言いたいのでしょうか。









女性の髪洗料が10円なのにも注目。










当時は鬢付け油をつけた長い髪だったので、洗うには大量の湯がいるし、排水溝のメンテも大変だったらしいです。









よって、幼稚園生<(超えられない壁)<女性の髪洗料<小学生。








尼さん大勝利であります。











ちなみに、小学生と大人が3円しか違わないところにも注目。









小学生からもうどうせたいして進歩しねぇだろ、という、風呂屋の心の声が聞こえてきます。










なんか細かいルールも、貼ってありますね。








江戸東京たてもの園.jpg
まあ、よくありがちなマナーですが、なかなか厳しいですね~。









一番最後の御客様がいまいち意味不明なところにある気がしますが・・・。











ってか、2番目の「湯船の縁にまたがるやつ」って、何しに銭湯に来たんですかね?










江戸東京たてもの園.jpg
まあ、当然ですが、誰もいません。









あー、昔、銭湯にこんな絵あったわー・・・。










江戸東京たてもの園.jpg
舌切り雀。







江戸東京たてもの園.jpg
猿蟹合戦。










ちなみに、男湯の絵はこんな感じ。










江戸東京たてもの園.jpg
五条大橋で、義経と弁慶の出会い。







江戸東京たてもの園.jpg
那須与一、屋島の戦い。










江戸東京たてもの園.jpg
お風呂に浸かった視点。










江戸東京たてもの園.jpg
ふふーん♪いい湯だね~、ハハン♪










この直後、金髪の外国人女性客が入ってきまして・・・。










三葉虫を見るような目でカラスを見て、出て行きました。









そろそろ出ましょう。










江戸東京たてもの園.jpg
いい湯でありましたね~、と。










おっちゃん、コーヒー牛乳ちょうだい。










江戸東京たてもの園.jpg
おぉう、力道山がんばれよー。










外に出て、園内をさらにウロウロ・・・。










江戸東京たてもの園.jpg
農家ですね~。









江戸東京たてもの園.jpg



江戸東京たてもの園.jpg
なんか、落ち着く。









昔の日本の家や生活には、ゆとりという名の、良い「間」があったような気がします。










江戸東京たてもの園.jpg








最後に、昔の写真館に立ち寄りました。










江戸東京たてもの園.jpg
一体、何人の人がここで写真を撮ったんですかね~。










その人たちは、どんな人生を生きたんでしょうか。










建物は、人と一緒に生きている。









その人たちがいなくなった後も、建物は残り、こうして今の人たちに当時の生活を伝えてくれる。









江戸東京たてもの園。大変に良いところでありました。










江戸東京たてもの園.jpg
また来ます~ノシ











ということで、おっさん散歩「江戸東京たてもの園」でありました。








3回にわたり、お付き合いありがとうございました<(_ _)>











次回のおっさん散歩は~、










「みなとみらい~元町・中華街」散歩です。










では~ノシ










この記事がお気に入りになられたらポチッとお願いします。(なお真ん中のはctrlと一緒にポチッとやると移動しません)
a_01.gif

コメント

No title

風情溢れる写真たち、堪能しました〜。「リキホルモ」の文字が(笑)。
絵も古いけど味のある名場面を表現してて、長湯したいですね。

おはようございます^^

昔の方は字がキレイですよね~
今だからこそ手書きの注意書きの方が注目を集めるかもですね。
「ペタリと…」という表現も面白いです^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

女湯だったのが災いしましたねw
男湯だったら何見てるのよ!ヘンタイ!ゲットアウト!とか言えたのにw

No title

ビールが高い!
給料日だけのご褒美だったのかな~

使われていなくてもドキドキしたでしょ?^m^

なんとも風情のある銭湯ですね~

カラスさま、こんばんわ。
銭湯に行ってきましたね^^
私も子供の頃には当たり前にあった風景で懐かしく覚えておりましたよ

しかし、時の流れで今住んでいるとこには銭湯はなくなりました 風呂からあがっての、フルーツ牛乳が美味しかった♪

昭和26年の物価には驚きました
次回の中華街、今から楽しみにしてますね☆彡



こんばんは~。

なんだかとっても懐かしい光景ですね~。
ホッとする空気が漂っているような……。

こんばんは♪

いつも有難うございます(^-^)
銭湯、良い雰囲気をだしていますね。
文章も面白いので、つい惹きこまれてしまいます。
脱衣カゴですか?この写真、とっても素敵!!好みです!!
鉄瓶の下がってる部屋の写真もとってもいいですね!!

で、(1)から拝見しました。
高橋是清の暗殺部屋の写真、何となく怖い感じで、
撮り方が旨いですね!!
「江戸東京たてもの園」前から訪れたいと思っていたけど、
まだでした、。すっかり刺激されました。
いつか是非行ってみたいです!!

No title

こんばんは

小さい頃温泉が出る町に住んでいたのですが、入浴料は大人3円、子供1円でした。
懐かしい。

ビールは高かったんですね、今の第三のビールのほうが安いのでは、企業努力ですね。

No title

八咫烏さんこんばんは~
もはや安いのか高いのかよくわからんですね
農家の家の写真凄い素敵ですね(^^)/
さすがの腕前です☆

Re: No title

馬場亜紀さん

> 風情溢れる写真たち、堪能しました〜。「リキホルモ」の文字が(笑)。
> 絵も古いけど味のある名場面を表現してて、長湯したいですね。

いつもコメントありがとうございます。
長湯したいですね~。
ただ、銭湯って結構お湯の温度熱くなかったでしたっけ^^;
ゆでだこになってしまわないように、気をつけねばなりませんね^^

Re: おはようございます^^

aiupaさん

> 昔の方は字がキレイですよね~
> 今だからこそ手書きの注意書きの方が注目を集めるかもですね。
> 「ペタリと…」という表現も面白いです^^

いつもコメントありがとうございます。
そこなんですよ、なぜペタリなのか突っ込もうと思ったんですが、
それを始めると際限なく突っ込みがはじまりそうでやめました^^;
昔の感覚ってなんだかユーモアに感じられますね^^

Re: No title

てかとさん

> 女湯だったのが災いしましたねw
> 男湯だったら何見てるのよ!ヘンタイ!ゲットアウト!とか言えたのにw

いつもコメントありがとうございます。
いえ、入っていたのは男湯です。
なので本来、私の方がヘンタイ!ゲットアウト!って言えたはずなんですが、
なんとも言えない顔で見つめられたので、反論できませんでした^^;

Re: No title

Photo cafeさん

> ビールが高い!
> 給料日だけのご褒美だったのかな~
>
> 使われていなくてもドキドキしたでしょ?^m^

いつもコメントありがとうございます。
初めは入っていいのかなぁとか思っちゃいました^^;
いくらもう使われていないとはいえ、そこをウロウロしているのを見られると、
あらぬ妄想をかけられそうで^^;
まあ歴史的な建造物という観点から見れば、じっくり見ていてもおかしくないものだったんですけれどね~^^;

Re: なんとも風情のある銭湯ですね~

がちょー様

> カラスさま、こんばんわ。
> 銭湯に行ってきましたね^^
> 私も子供の頃には当たり前にあった風景で懐かしく覚えておりましたよ
>
> しかし、時の流れで今住んでいるとこには銭湯はなくなりました 風呂からあがっての、フルーツ牛乳が美味しかった♪
>
> 昭和26年の物価には驚きました
> 次回の中華街、今から楽しみにしてますね☆彡

いつもコメントありがとうございます。
昭和26年の物価はあくまで、ネットで拾ってきた物ではあるのですが、複数証言を確認しているので、
そこそこ信憑性があるのかなぁ、と思います。
銭湯、スーパー銭湯とかは別として、最近めっきり見なくなりましたよね^^;
なかなか経営もうまくいかないところがあるのでしょうね~^^;

Re: こんばんは~。

冷凍SANMAさん

> なんだかとっても懐かしい光景ですね~。
> ホッとする空気が漂っているような……。

いつもコメントありがとうございます。
銭湯に入ったのは子供のころが最後なんですが、
そのころの雰囲気をそのまま感じることができました。
湯船に入ったとき、ああ、深かったよなぁって昔を思い出しました。
古き良き時代って感じがしました^^

Re: こんばんは♪

梅サクラさん

> いつも有難うございます(^-^)
> 銭湯、良い雰囲気をだしていますね。
> 文章も面白いので、つい惹きこまれてしまいます。
> 脱衣カゴですか?この写真、とっても素敵!!好みです!!
> 鉄瓶の下がってる部屋の写真もとってもいいですね!!
>
> で、(1)から拝見しました。
> 高橋是清の暗殺部屋の写真、何となく怖い感じで、
> 撮り方が旨いですね!!
> 「江戸東京たてもの園」前から訪れたいと思っていたけど、
> まだでした、。すっかり刺激されました。
> いつか是非行ってみたいです!!

いつもコメントありがとうございます。
入場料も安いのでかなりおすすめですよ~^^
たぶん、私なんかよりも、梅サクラさんのテクニックで撮れば、
もっともっと良い写真が撮れる場所だと思います。
私の場合、どうも写真の善し悪しよりも、ネタに走ってしまうのが悪い癖です^^;

Re: No title

ベーヤンさん

> こんばんは
>
> 小さい頃温泉が出る町に住んでいたのですが、入浴料は大人3円、子供1円でした。
> 懐かしい。
>
> ビールは高かったんですね、今の第三のビールのほうが安いのでは、企業努力ですね。

いつもコメントありがとうございます。
大人3円ですか!
やはり温泉が出るところは安いのですかね~^^
子供1円?!うーん、当時の物価がピンと来ないですが、安いことは事実ですよね~^^
何か急に熱海に行きたくなってきたような^^;

Re: No title

小梅さん

> 八咫烏さんこんばんは~
> もはや安いのか高いのかよくわからんですね
> 農家の家の写真凄い素敵ですね(^^)/
> さすがの腕前です☆

いつもコメントありがとうございます。
いやー、農家の写真はもう暗くて完全に5DⅢ任せでした^^;
なかなか陰影がくっきり出て、5DⅢが良い仕事をしたので、載せてみました。
他にも色々な写真があったのですが、うpしているとキリがないので、この2枚だけ~^^

No title

おはようございます。

女湯、憧れですね~
子供のころにも入った記憶がありません。
銭湯の絵、定番は富士山じゃないんですか?
私は今回の写真のような絵は見たことがありませんでした。
ってか、湯船の所に大きな富士山の絵しか無かったような記憶です。
次回の本町中華街も楽しみにしています。

No title

八咫烏さん、こんにちは。
湯船に入った視線からの写真。
なんだかリラックスしますわ。
条件反射でしょうかねぇ(笑)

関東は銭湯の壁は絵が多いのですよね。
関西はタイル画が多いのです。
絵が面白いなあと思って見せていただきました。
今日は暑かったから、銭湯行きたくなってきましたよ。

いかにも昭和レトロ!!

これはまた素晴らしき昭和レトロの世界ですね!

銭湯の壁画のあの世界観は、一つの芸術作品のようにも感じられますし、
力道山のポスターとか入浴代金の掲示板とか
とにかく「なつかしい!」という雰囲気に
満ち溢れていると思います!

囲炉裏とか畳を見ると
「なんか日本っていいよね・・!」と感じてしまうのは
やはりちょっとした郷愁なのかもしれないですね・・

Re: No title

飛びたい中年さん

> おはようございます。
>
> 女湯、憧れですね~
> 子供のころにも入った記憶がありません。
> 銭湯の絵、定番は富士山じゃないんですか?
> 私は今回の写真のような絵は見たことがありませんでした。
> ってか、湯船の所に大きな富士山の絵しか無かったような記憶です。
> 次回の本町中華街も楽しみにしています。

いつもコメントありがとうございます。
そういえば、定番は富士山でしたね。
子供の頃は、お母さんと一緒に女湯に入った記憶が~、ないですね^^;
時代によって、絵も変わるのかもしれないですね^^

Re: No title

もりかさん

> 八咫烏さん、こんにちは。
> 湯船に入った視線からの写真。
> なんだかリラックスしますわ。
> 条件反射でしょうかねぇ(笑)
>
> 関東は銭湯の壁は絵が多いのですよね。
> 関西はタイル画が多いのです。
> 絵が面白いなあと思って見せていただきました。
> 今日は暑かったから、銭湯行きたくなってきましたよ。

いつもコメントありがとうございます。
完済はタイル画が多いんですか。初めて知りました^^
絵が面白いですよね~。よく知っている名場面の絵ばかりでした。
私は熱海に行きたくなってしまったのです^^;

Re: いかにも昭和レトロ!!

ぬくぬく先生様

> これはまた素晴らしき昭和レトロの世界ですね!
>
> 銭湯の壁画のあの世界観は、一つの芸術作品のようにも感じられますし、
> 力道山のポスターとか入浴代金の掲示板とか
> とにかく「なつかしい!」という雰囲気に
> 満ち溢れていると思います!
>
> 囲炉裏とか畳を見ると
> 「なんか日本っていいよね・・!」と感じてしまうのは
> やはりちょっとした郷愁なのかもしれないですね・・

いつもコメントありがとうございます。
子供のころ行った先頭よりもちょっと古いぐらいの銭湯なんですよ。
でも、あの頃の面影をしっかり感じることができました。
囲炉裏はとにかく落ち着きますね。
そこだけ時間の流れが止まっているかのようでした^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八咫烏(全力稼働中)

Author:八咫烏(全力稼働中)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店