記事一覧

撮影裏話② そして変人へ

kasai suizokukan0000
葛西臨海公園の水族館入り口

yatagarasu3.jpg こんにちわ、八咫烏です。

千葉県は晴れですが、やはり熱が完全に下がらないばかりか蕁麻疹がおなかに出てしまったので、東京湾観音はもっと後になりそうです。

何分、片道二時間半の電車、降りてから徒歩三十分という距離ですからね-。
観光した外国人が、「とてもよいものですが、建っている場所が間違っている」と評した観音様です。
健康な時でも、よし行くか!、って気合い入れてから行く必要があります。

まあ、購入を予定しているキヤノン EF35mm F1.4L II USM も売り切れごめんなことだし、慌てない慌てない、観音様は歩いてどっか行ったりしません(正直言うと、少し歩いて東京の方角に来て欲しい)。

前回(http://whiteraven2015.blog.fc2.com/blog-entry-92.html)の続きです。

とりあえず、疑われている理由はよくわかりました。

警察官のみなさまは、八咫烏の鞄のなかに、手榴弾とか火炎瓶とか入っていないか警戒していらっしゃるわけです。

ならば、よし。

見るがよい、我が愛機CANON 5D Mark Ⅲの雄姿を。
(レンズをつけるからちょっと待ってね)

ビデオエイペックスさんでレンタルしたEF35mm F1.4L USMを、レンズとして装着しました。

そして構え。
皇居にめがけて、カメラを構えました。

どうです、これなら立派なカメラマンでしょう。

ところが、警察官の警戒はそう簡単には解けませんでした。
左右の警察官は素知らぬ顔をして違う方角を見ましたが、平川門の警察官は随分と怖い顔をして、なおジワジワとこちらに寄ってきます。

周りには多くのランナーのほか、写真を撮っている外国人もいました。
なのに、明らかに八咫烏に文句がありそうです。

警察官と喧嘩しても何の利益もありませんよ、って前回言っておいて何なんですが、正直、むかっ腹が立ちました

観光客がカメラを向けたぐらいで警戒するなら、皇居の周りを立ち入り禁止にでもしておけや、と。

…ああ、いけません。

腹を立ててはいけません。

ここは公共の設備です。

どうすればいいんだろう。

そうだ!!!

顔をさらして、怪しくない人物であることをアピールだ!!!

八咫烏はおもむろに、マスクを外して、帽子を脱ぎました。

さわやかな笑顔を浮かべてみました。

そして、ファインダーをのぞきつつ、
   
ジワジワと、警察官のいる方角に向かって歩いてみました。

いやー…。

ファインダー内に見た、警察官のとてつもなく嫌そうな顔は、生涯忘れられないでしょう。

ゴリラのような体格の男が、笑顔を浮かべつつ、カメラを構えて近寄ってくると言うこの現象。

果たして彼の人生で今までこんな体験があったっでしょうか。いや、ないでしょう。

周りから見たら、八咫烏は不審者通り越して、マジで変人のレベルですね。

平川門の警察官さんは、後ろに下がっていき、そして豆ほどの大きさになりました

ただの観光客だと思われたのか、こいつとは関わり合いにならないほうが得だと思われたのか、あるいはお大事に、と思われたのか。

いずれにせよ、我が軍の(むなしい)勝利です!!

まー、実際、警察官は正しい対応をしていました。
単純に、ただの観光客であることが証明できたんでしょう。
遠ざかっていったのは、写真を撮るのに邪魔にならないように、という配慮だと思います。

そういうつもりではなかったのですが、ご迷惑おかけしたことをお詫びします。




※まー、でも、完全に警戒が解けてなかったのか、遠くからこちらを見ている警察官さんの姿が写ってますけどね↓(笑)
hirakawamon.jpg

さー、今日はお休みだけど、どーしよーかな…。

やっぱり夜景、ですかねぇ…?

この記事がお気に召されたら、ポチッとお願いします。
a_01.gif


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八咫烏(全力稼働中)

Author:八咫烏(全力稼働中)
2015年目覚めたアマチュアカメラマンです!色々やります!

来場者数

お気に入りのお店